子供っぽく見えてしまうことを防ぐコーデ

男性も、ファッションの力を借りて、体型の良いところを目立たせ、悩みはカバーしたいですね。低身長でガタイがいい男性は、どのような服装が似合うのでしょうか。ガタイが良いと、ついついMサイズやLサイズの服を選んでしまいます。しかし、自分の体型よりもオーバーサイズの服を着ていると、「服に着られている状態」になってしまいます。幼く見られてしまうかもしれません。できるだけ試着をして、ぴったりの服を着るようにしましょう。腕や肩の位置が合わないときには、お直しをすることもおすすめです。また、がっちりとした体形の人は、海外ブランドの服も検討してみてください。身長が低めで幅にゆとりのある服が多く揃っているからです。

収縮色をうまく使い、ポイントは上半身に

ポイントを上半身に持ってくると、目線が上になり、背が高く見えます。具体的には、ジャケットの中には、明るい色のインナーを着ることや、ニットの下に白いシャツを合わせ、襟元を見せることなどです。そして、収縮色をうまく使いましょう。収縮色とは、暗い色のことで、黒や紺、濃い茶色などです。明るい色に比べると面積が小さく見えることから、ほっそりとして見えます。ガタイのよさを活かし、上半身を強調しながら、黒のパンツなどを履くと、足長に見えます。また、パンツの色と靴を合わせることも足長効果があります。センタープレス(折り目)のパンツだと、さらにスラッとした印象になります。靴を選ぶときには、少し厚底のものを選ぶと、自然に背を高く見せることが出来るでしょう。